FX取引で自己管理できていますか?

株式投資とFXの決定的な違い

sdf88 株式投資や金やプラチナへの投資、あるいは不動産投資といった投資と、FXとの決定的な違いに、レバレッジがあります。レバレッジというのは、少ない元手でも多くの取引をすることができるという、FXならではのシステムです。レバレッジこそが、一般市民を多く投資の道へと向かわせた立役者とも言えるでしょう。参考>>www.atlascentar.com

多くの一般市民は、そもそも投資に回せるお金が多くありません。あまり多くのお金をつぎ込めないのであれば、仮に利益がでたとしてもそれは大した金額ではありません。しかし、レバレッジを利かせれば、少ない元手でも大きな利益を得るチャンスが広がるのです。FXを始める人の多くが、レバレッジを利かせて取引をしています。

かつては、日本の個人が日本の業者を利用してFXを行うのに、最大で50倍までのレバレッジを利かせることができました。これはかなり魅力的な倍率なのですが、同時にかなり投機的な危険な倍率であるということも言われてきました。そこで2011年になると、日本国内のFX業者が個人に対してトレードをするときには、最大でも25倍までしかレバレッジを利かせられないようになったのです。

リスク回避とはいえ、これによってハイレバレッジという選択肢が減ることになりました。日本国内のFX業者を使ってハイレバレッジのトレードをするためには、後は法人化するくらいしか手はありません。法人化も法人を維持するためにはコストもかかります。コストに見合うだけの利益を出せるかどうかについては、きわめて不透明なものです。

しかし、これはあくまでも日本国内のFX業者を使ったときの話です。海外のFX業者に対しては、25倍というレバレッジ規制の対象とはなっていません。別に、日本人が海外のFX業者に口座を開設したところで、何ら違法なものではありませんので安心してください。海外のFX業者の最大のメリット知恵場、やはりハイレバレッジです。

100倍200倍は当たり前であり、中には500倍や800倍という考えられないようなレバレッジを提供する業者もあります。800倍のレバレッジを利かせることが出来れば、100万円の資金で8億円分の取引をすることができます。1ドルが100円だとすれば、800万ドルも購入することができます。1円円安にふれるだけで800万円の利益が生じることになります。これはかなり大きなメリットです。ただし、当然ながら1円円高にふれてしまえば800万円の損失が発生することとなります。このハイローリスク回避はしっかりとしましょう。

リンクリスト


FXを利用した外貨預金

FXを利用した外貨預金は効率が良いです。銀行などを利用した外貨預金は手数料が高かったり、スプレッドも広いものとなっています。そこで利用するのがオススメのものとして、FXを利用した外貨預金があります。FXを利用すれば、手 数料は無料ですし、スプレッドなども非常に狭いものとなっています。

また、FXを利用した方がレバレッジなどをかけることで、年率の利益なども高くオススメとなっています。少し知識がある方などであれば、銀行よりもオススメになっています。